農場だより農場だより

farm-news

作物作りは『土づくり』から! ~団粒構造とは一体?~

  • facebook
  • Twitter
  • Line
  • HATENA
  • Google Plus

こんにちは! SPマムの収穫もほぼ終わり次の定植に入る時期になってきました。定植するにあたってもただ「畝をつくって等間隔に穂を植えて終わり!」というわけではなくその前にも多くの準備が必要になってきます。今回はその第一歩。作物を育てる上では欠かせない 『土』 についてお話します。

まずは、土の役割。これをご紹介しましょう。

【土の役割】

 植物が倒れるのを防止する。

 ②水や養分の保持

 ③環境変化から根を守る。

大きく3点。ただこれがしっかりと発揮されるのは私たち人間が手を施すほか、土の中の微生物や小動物によって可能な事であり、それを崩してしまうようなことがあれば上記の3点は全く効果を果たさなくなってしまい育てる側の人間が痛い目を見ることになります。

~良い土と悪い土~

 土には良い土と悪い土があります。もちろん良い土の方が最高ですが、まずはよい土と悪い土の違いをご説明します。

【良い土】 

 根が健康に生活できる条件をつくりだし、かつそれを保証する働きを持つ

 養分、水分を植物がほしいときに十分な量を与えられる。

【悪い土】

 良い土で記載した条件の働きを十分に発揮できない。

 農作業に支障をきたす土

  具体例)かたくて耕せない

      農機具の走行が難しいほど柔らかい

 

以上が、良い土と悪い土の違いです。では、良い土を作るにはどうしたらよいのでしょうか?

それが、表題のキーワード『団粒構造』にあります。

~団粒構造と単粒構造~

 土には、団粒構造と単粒構造という2つに分類されます。違いはなんでしょう?

【団粒構造】

 ①粒子が集まって小さな塊になっている。

 ②通水性、保水性、通気性に優れている。

【単粒構造】

 ①土の粒子が単一となって存在している。

 ②通水性や保水性などが非常に悪い

 ③根が伸びにくい。

上記がそれぞれの違いです。では、団粒構造の土を作るにはどうしたろ良いのでしょう?

~団粒構造のある土の作り方~

 ①有機質肥料などの投入・・・主に堆肥や腐葉土など入れ土の中の小動物、微生物に頑張ってもらう。

 ②土の耕耘・・・管理機など使い土を耕耘していく方法。①と組み合わせるとより良い効果を発揮するが、乾燥時や多湿時などに行うと悪い方向に傾いてしまうためバランスが重要。

 

 いかかでしたでしょうか? ただ作物を植えるだけの土も知れば知るほど面白い世界です。これだけでも知ると周りの畑の見方も変わってくると思います。農業の世界も奥深いです。これからもSPマムの情報はもちろんのことこういった別の話題も加えていくのでぜひお付き合いくださいませ。

新着情報